「ダンシング・ヒーロー(Eat You Up)」のバブリーで気持ちいい歌い方

  • 2017.12.12 Tuesday
  • 05:02

 

Hi,boys&girls!

Jolyneです。

 

登美丘高校ダンス部のおかげで、若い子たちの認知度が高まって嬉しいかぎりです!

この時代前後の曲って、ほんといい曲ぞろいで最高すぎる・・・。

今回はこの「ダンシング・ヒーロー(Eat You Up)」について、歌詞やメロディーをじっくり味わいつつ、

聞いて歌って気持ちいい歌い方について紹介します。

 

ダンシング・ヒーロー (Eat You Up)

作詞・作曲:A.Kate - T.Baker / 日本語訳詞:篠原仁志 / 編曲:馬飼野康二

wikiより引用

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%BC_(Eat_You_Up)

 

王道ディスコサウンドがたまらない!

 

イントロからもうわくわくさせてくれる「ダンシング・ヒーロー(Eat You Up)」

リズムをとりやすいバスドラのおかげで、自然と踊りだしちゃいます。

私自身はディスコ世代ではないし、話に聞く程度しかバブル時代のことはわからないですが、

「ダンシング・ヒーロー」を聞くかぎりそうとう楽しかったんだろうということはわかりますね。

 

メロディー全体がキラキラとカラフルにきらめいているようですよね。荻野目洋子さんの突き抜けるような声も最高です。

今回貼った動画は、発売当時のものではなく最近になって収録されたものですが、

その歌声は衰えるどころか、今の方がよくなってるほどで「これがプロの歌手か・・・!」と驚かされました。

今の荻野目さんのほうが艶があって、私は好きやなあ。

 

カラオケで、ミラーボールつけてみんなで盛り上がって歌って踊りたい曲ですね!

ちなみに、冒頭で名前の出た登美丘高校ダンス部の踊る「ダンシング・ヒーロー(Eat You Up)」は、

バブリー感MAXで見てて元気がでます。

 

 

サビは小悪魔、それ以外は乙女なギャップもいい

 

「ダンシング・ヒーロー」の一番は、サビとそれ以外のギャップだと思ってます。

これがもう、かわいいのなんのって…

語りだしたら小一時間語れそうなんですが、今回はダイジェスト版でお送りしますね。

 

タイトルの副題が(Eat You Up)なことや、最初にいかにもなディスコサウンドなイントロが流れることで、

サビしか聞いたことがない人は「どんな肉食ソングやねん」と思っているかもしれません。(私自身がそうでした)

 

でもね、イントロ後の歌詞をよく聞いてみてください。

 

・・・めっちゃ乙女!!!!

 

なに?「誘ってもくれない」?「ガラスの靴なら星屑に変えて」?「真夜中のメリーゴーランド ついてゆきたいの」?

可愛すぎか(真顔

こんな女の子がいたら、絶対お持ち帰りしたい声をかけずにはいられません。

そのくせ、サビに入ると一気に小悪魔化して強気にでるところもいいです。

「ついてゆきたいの」って言った数秒後に「Do you wanna hold me tight ?」ですからね。

「まだ帰りたくないのになあ(チラ」って感じで、なかなか男子を落とせない感じの乙女から、

「あなたがどうしてもって言うならいいわよ」と「ほら、来なさいよ」と言わんばかりの強気に転じるさまは

ディスコの魔力を感じます。

 

最後のサビの「熱いビートを鳴らして」のとこなんかは、アレンジが効いててかっこよすぎです!

かっこよすぎて鼻水出ます(え

かわいい女子と肉食女子が同時に味わえる、最高のディスコナンバーですね。

 

 

「ダンシング・ヒーロー(Eat You Up)」の気持ちいい歌い方

 

動画やテレビで「ダンシング・ヒーロー」を初めて知ったという人のために(半分は自分の忘備録として)、

気持ちいい歌い方を紹介します。

先に言っておきますが、採点で高得点が取れる歌い方とは違うのでご注意ください。

また今度詳しく書こうと思ってますが、高得点を取れる歌い方≠聞いていて(歌っていて)気持ちいい歌い方です。私は気持ちいい歌い方のほうが好きなので、その歌い方について説明します。

気持ちいい歌い方で、よほど音痴とかでなければふつうに80点以上は取れますが、カラオケで高得点が取りたい方は、「カラオケ 高得点 取り方」とかで検索するのがおすすめです。

では本題へ。

 

フレーズの最後は若干長めに

どういうことか、Aメロの最初のフレーズで解説しますね。最初はこういう歌詞です。

 

「愛してるよなん 誘ってもくれな キャンドルライト 素敵な夜

 

このアンダーラインを引いている音を、余韻を残すようにちょっと長めに歌うと

メロディーがぶつ切りにならず、流れがスムーズになります。

余裕があれば、余韻として音を伸ばしているときにビブラートをかけるとさらに雰囲気が良くなりますよ。

余談ですが、「が」は鼻濁音で「nが」のようなイメージで歌ったほうがメロディーとして美しいです。

 

高音は口を「え」の形にして

「ダンシング・ヒーロー」はそこまで音域の広い曲ではないので、

若いほど歌いやすいと思います。

「ダンシング・ヒーロー」にかぎらずですが、高音が出にくいという人は

歌うときに「え」というときの口の形を作って歌うようにしてみてください。

たとえばサビの部分では、

 

「今夜けでも シンレラ・ボーイ Do you wanna dance toight 

 ロマンィックを らって Do you wanna hold me tight」

 

こんなふうに赤の細字は口を軽く「え」と言うときの形にし、赤の太字のところは「え」と言うくらいのつもりで歌ってみましょう。

採点モードにしたときに、「もっと笑顔で歌ってみましょう!」というアドバイスはこのことなんです。

まあ、笑顔で歌えばどんな高音でも出るようになるわけじゃあないんですが、

歌いやすさはかなり変わると思います。

なにより笑って歌ったほうが楽しいですからね!

 

ビブラートの見せ場はサビ

ビブラートはできるならいつもかけておいてほしいんですが、

なかでもサビは最もビブラートがいきるところです。

具体的にどこでビブラートを大きくするかというとここ👇です。

 

Do you wanna dance tonight」 「Do you wanna hold me tight

 

この赤で書いてあるところは、しっかりビブラートをかけるようにしましょう。

まあ、サビですからね。

メロディーにのっていれば自然とこのタイミングでビブラートをかけたくなると思います。

また、最後のサビ前のアレンジは

 

「ア・ツ・ク あああついビートを 鳴らして」

 

のように歌うと、しゃくりも上手くいきやすいです。

ってこれじゃあわからんわ!って感じですよね、すみません笑

この「あああ」の部分は、

あ(低)あ(高)あ(前に同じ)のように2音目で上げて3音目はビブラートで同じ音程を保つ感じです。

本来はなだらかに音程をあげていくのが正しいしゃくり方だと思うんですが、

結構難しいんで、このやり方のほうが自分が狙った通りに音が出やすいのでおすすめです。

 

本家の荻野目さんのこの歌い方が私としては理想。

これくらい歌えたら絶対気持ちええやろうなあ、と思いながら聞いてます。

 

あなたに「ダンシング・ヒーロー(Eat You Up)」の魅力が少しでも伝わったら、とっても嬉しいです。

特に若いきみ!今度みんなでカラオケにいくときはぜひ「ダンシング・ヒーロー」を歌って広めておくれ!

そうやっていい歌は歌い継がれていくのさ。

 

では今回はこのへんで!

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

あなたにおすすめ

スポンサーリンク

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM